アキチャレ - 秋田市 起業・創業支援ポータルサイト

コンタクト 秋田市

起業・創業事例紹介

株式会社ボールパーク秋田(情報通信業)

株式会社ボールパーク秋田(情報通信業)

秋田の野球を盛り上げよう!!

fujita 会社名 株式会社ボールパーク秋田
所在地 秋田市土崎港湊西三丁目9番15号

チャレンジオフィスあきた302

代表者 代表取締役 藤田 栞
創業年月 2017年1月
会社HP http://ballpark-akita.com/

 

事業内容

ボールパーク ロゴ

  • インターネット、その他の通信を利用した通信販売ならびに各種情報提供サービス
  • インターネットを利用した宣伝、広告の受託
  • インターネットのホームページの企画、立案、制作及び保守
  • 大会、教室、講習会等各種スポーツイベントの開催
  • 指導者の派遣
  • フリーペーパー、書籍の発行
  • ギフト用品、記念品、スポーツ用品の販売および器具、用具のレンタルならびに販売
  • 写真の販売
  • 練習場、会場、球場の使用の斡旋
  • 文化人、スポーツ選手の招聘ならびにマネージメント
  • 前各号に付帯関連する一切の事業

 

創業したきっかけ

バスケットボール、そしてサッカーなど、様々なスポーツが盛り上がりを見せている近年の秋田県。

一方において、秋田県の野球界では少子化による小学生選手が減少、高齢化社会による500歳野球が盛り上がっています。

また、高校進学時の他県私立高校への流出、女子野球の未普及など、秋田県の強みや弱みが色濃くなってきているのでは、と思います。

しかし、小学生から還暦を超えた人まで野球を楽しんでいる人はたくさんいます。

もともと秋田は野球熱が高く多くの県民に愛されているスポーツです。

私達がもっと、〝秋田の野球を盛り上げよう!〟それが、『ボールパーク秋田』を立ち上げるきっかけでした。

 

創業時の問題とその克服

父の影響で、幼い頃から野球は身近なものでしたが、野球の経験もマネジャーの経験もありませんでした。

パソコンは得意だったので、ホームページを運営していくことに対しての不安はありませんでしたが、野球の知識、野球関係の繋がりはありませんでした。

そこで父に相談し、協力してもらうこととなり、私のパソコンスキルと、父の野球の知識、人脈があればやっていける、と思いました。

 

創業に役立ったこと・協力してもらった人

あきた企業活性化センター、秋田市商工貿易振興課、秋田県野球協会、秋田県軟式野球連盟、秋田県野球連盟、大仙市役所。

また、野球関係者の方々からもたくさんのアドバイスなどいただきました。

たくさんの方々からご協力をいただいたおかげで、ここまでくることができたので、皆様には心から感謝しています。

 

今後の課題・目標

秋田県の活性化に貢献できる企業となれるよう、努力していきます。

将来的には、女性やシニア、障害者の方々を積極的に採用していきたいと考えています。

 

これから創業される方へのアドバイス

創業の相談に乗って下さる公的機関を利用すると良いと思います。親身になって相談に乗ってくれて、的確なアドバイスがいただけます。年齢、性別関係なんてありません。

迷っている方は是非、諦める前に相談を!!