アキチャレ - 秋田市 起業・創業支援ポータルサイト

コンタクト 秋田市

起業・創業事例紹介

PHAORA-ファオラ(アパレルメーカー)

PHAORA-ファオラ(アパレルメーカー)

トルコ製ビジューのオーダークロス

会社名 PHAORA-ファオラ
所在地 秋田市土崎港西三丁目9-15

チャレンジオフィスあきた209

代表者 稲葉 江津子
創業年月 2016年1月

 

事業内容

アパレルブランド

・吟味された高級素材とトルコ製ビジュ―をコラボしたTシャツの販売

・第一線で活躍されてる女性のビジネス服の製造販売

・フランス生活とファッションに関する講演

創業したきっかけ

私は幼い時から御仕立ての洋服を着ていた影響で、洋服を作ることに興味を持ち、ファッションの仕事に尽きたいと思うようになりました。

そして東京ではいくつかのアパレルブランドで勤務後、7年間自分で会社を経営し、その後渡仏、パリでは15年間ファッションの仕事をしていました。

パリではオ-トクチュ―ルのコレクション(パリコレ)の仕事、2009年には、コペンハ―ゲンでオリンピック誘致のプレゼンテ―ションの為のユニフォ―ム製作(その時に決まったのが今年開催のブラジルでした)、自分の顧客 である在仏日本大使夫人や各要人の洋服製作やプロトコ―ルの時のト―タルコーディネートの仕事に携わっておりました。

その後、アフリカ大陸のチュニジアに1年おり、ちょうどアラブの春という革命も体験いたしました。

ちょうど2年前に日本に帰国し、今年(平成28年)の1月から現在のPHAORA-ファオラという洋服のアパレルブランドを立ち上げ、これからこの生まれ育った秋田の土地で様々な海外での経験を生かした洋服作りをして行きたいと思い起業しました。

創業時の問題とその克服

最初に決めていた生地が途中で変更になり、もっと良い素材をと最初からのやり直しで生地メ-カ-からサンプルを取り寄せ、何度も試作の連続でした。

思っていたのと違う結果の日々を繰り返しました。

今では結果的に自分で納得がいき、お店の方からもこの様なTシャツは初めてだといって頂き自信を持ってお勧めできる洋服が出来上がって大変嬉しいです。

創業に役立ったこと・協力してもらった人

・商工会議所主催のセミナ―、市役所の各関係者の方々、友人、家族などの皆様

・創業当初は事業を進めていく上で、秋田の業者さんとの知り合いが全くおりませんでしたが、今ではある方からのご紹介で幾人かの方々との大変良いつながりを持つことが出来ました。

・やはり事業は一人では出来ず周りの方々に助けて頂きながら成り立つことを痛切に感じ、ご協力頂きました皆様には大変感謝しております。

今後の課題・目標

起業をし活躍される女性や、自分のスタイルを持つ大人の女性がビジネスや夜のパ―ティの場で、より一段と素敵に輝きエネルギッシュに変化できるビジネス服の作成、販売をして行きたいと思います。

これから創業される方へのアドバイス

人生は頭の中で考えているうちにあっという間に時が過ぎて行きます。まずは行動の第一歩を踏み出す勇気を持つことが一番大事だと思います。