アキチャレ秋田市の創業支援ポータルサイト

FAQ

今までにお問い合わせのあった質問やよくある質問についてまとめてみました。このページは随時更新いたします。

施設についての質問

質問1: 創業支援室の各部屋の中に、机や棚などは置いてあるんですか?またはリース制度はないですか?

回答: 机をはじめ、什器類は原則として入居者の方に準備していただきます。ただし、共有スペースに、有償で使用できるコピー機を設置しています。リース制度は用意しておりません。

質問2: 現在、IT関係の講師をしています。事務所を構えたいのですが、その際に、創業支援室もしくは多目的室でIT教室を行いたいのですが、それは可能ですか?また、その際には、生徒は駐車場を利用できるでしょうか?

回答: 多目的室なら可能です。ただし、共用のスペースですから、事前に予約が必要です。駐車場は、創業支援室入居者向けの専用区画のほか、多目的室でのセミナー等の諸行事向けに区画を用意しておりますので、利用可能です。

質問3: 入居後、部屋が手狭になった際に大きな部屋に移ることはできるのですか?できるとすれば、年度(年目)途中でも可能ですか?

回答: 前提条件として空き部屋があればですが、事業拡大などによる必然性が審査により認められれば、年度途中でも可能です。

質問4: フリーアクセスフロアはどうなっていますか?

回答: 床面から150mm嵩上げになっています。50cm角フリーアクセスフロアの上に、同寸法のカーペット(着脱自由)を敷いてあります。フリーアクセスフロアは、4辺にケーブル引き出し口がある他、2~14箇所に切り込みがはいっていますのでケーブル類の出し入れはフレキシブルに対応可能です。 なお、フロアの着脱用工具は貸し出しとなります。 → 写真

質問5: 電話はどうなっていますか?

回答: 各室コードレス多機能電話が1台づつ設置されています。この電話器は内線(管理室および各創業支援室間)として使用可能ですが、外線を利用する場合は、NTTとの回線契約が必要となります。 なお、各室におよび正面玄関来客用インターホン専用電話器が入口付近の壁に設置されています。

入居条件などについての質問

質問1: 現在、市外に住んでいるのですが、入居は可能ですか?

回答: 可能です。また、国内外・国籍を問わず、どんな方でも入居資格はあります。ただし、創業後に、本社は秋田市内に置くことが条件となります。

質問2: NPO(民間非営利組織)活動をしているのですが、入居することは可能ですか?

回答: NPOであっても入居は可能です。ただし、COAの設置目的に合致するかを、審査会にて審査されることになります。

質問3: 入居資格に「1年以内に事業を開始する具体的な計画」とありますが、その「事業を開始」とはどのような状態を言うのでしょうか?

回答: 条例においては、入居の条件を「1年以内に事業を開始する具体的な計画を有するもの」と規定しています。一般的に「事業」とは、(1)仕事。特に、社会的意義のある大きな仕事。(2)営利を目的として営む経済活動。 ということになっており、「営業活動をはじめ、各種経済活動を実際に始めること」ということになるのではないでしょうか。必ずしも「事業を開始」=「法人化」ということではありません。

質問4: デザイン・販売あっせんの会社です。パソコンは使いますが、インターネットは、メールとホームページ程度です。地域IXが入るそうなので、IT系の企業がたくさん応募していると聞いてます。入居資格要件では、当社は該当すると思うのですが、審査となると情報系に比べて不利になるのでしょうか?

回答: COAは必ずしも情報系企業に限るものではありません。しかし、「同居するIXの機能を十分に活用する」ということも、当然審査では考慮されることになります。そうなると必然的に情報系が多いという結果も想定されますが、情報系であろうとなかろうとあくまで中身で勝負ということです。

質問5: 一度、審査で落ちた場合に、同じプランで次期募集に応募できますか?

回答: 一度落選したプランは、内容を見直したうえ再度チャレンジしてください。なお、内容によっては落選とせず補欠者として6ヶ月間登録する場合があります。

ページトップヘ戻る